【広告】  埃をまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは ⇒ 埃取タオルで清潔掃除
  【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内


  雨の中を登った棒ノ折山







    −関東の登山記録−
関東100山記録 関東他登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録
 

  東京埼玉県境の棒ノ折山(ぼうのおれやま)の案内地図

 ■棒ノ折山の地図
 棒ノ折山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

 棒ノ折山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
棒ノ折山

棒ノ折山

棒ノ折山
 

  棒ノ折山の登山記録   H16.10.3

 ■雨が降っていましたが出かけていきました。10月の雨です。
   棒ノ折山のエクセル山行記録は、 棒ノ折山の記録(.xls)をご覧ください。

 折01.【8:33】御嶽駅に到着。雨が降り続けています。  (´・_・`)
御嶽駅

 折02.カッパを着て踏切を渡ります。標識を見て進みます。 (・∀・)
踏切

 折03.【9:09】ベチャ道です。いたるところに水たまりがあります。 w(゚o゚)w
道

 折04.【9:51】キリがかかっています。標識を見落とさないように。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 折05.【9:53】山の神様です。  (・A・)
山の神

 折06.【10:00】惣岳山頂。756m。青渭神社に参拝。 (・A・) かなり雨。
惣岳山頂

 折07.これだけ雨だとトレーニングです。濡れるの覚悟で注意して進みましょう。
惣岳山頂

 折08.【10:32】分岐。黒山まで3.5km。雨だからあまり撮影していません。
分岐

 折09.岩葦石山山頂が見えました。  γ(▽´ )ツ
岩葦石山山頂

 折10.【10:37】岩葦石山山頂。793m。  ヾ( `▽)ゞ
岩葦石山山頂

 折11.【11:18】道案内です。まだきれいな看板でした。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道案内

 折12.【11:32】黒山まであと0.9km。まだ雨です。やみませんね。
道

 折13.【11:53】黒山山頂。842m。 o(^▽^)o あと1.2kmで棒ノ折山。
黒山山頂

 折14.【12:10】権次入峠の分岐。 (・∀・)
権次入峠

 折15.【12:22】山の上が明るいです。  γ(▽´ )ツ
道

 折16.【12:23】棒ノ折山山頂。969m。広いです。 \(^▽^)/
棒ノ折山山頂

 折17.休憩所に入ります。誰もいません。東京埼玉県境です。  (・∀・)
棒ノ折山山頂

 折18.【13:03】下山開始します。  ヾ( `▽)ゞ
道

 折19.【13:16】下山中の景色です。わさび畑があります。雨は小降り。
景色

 折20.橋を渡ります。もうすぐです。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 折21.【13:26】車道にでました。ちょっと休憩してから車道歩き。 o(^▽^)o
道


    このあと川井駅まで歩いて帰りました。雨は小降りになりました。


 

      棒ノ折山の登山日記   H16.10.3 

 関東に引っ越してきて1年経ちました。しかし地理にはまだうといです。いろんな山に登って関東に早くくわしくなりたいです。雨が降っていましたがカッパ着て登ろうと出かけました。横浜からの移動です。

 棒ノ折山は関東で早く登った山のひとつです。御嶽駅は以前に来ているから馴染みがあります。みんな傘をさして歩いていました。荷物が濡れないように確認してスタートします。

 踏切を渡って標識を見て進みます。山道に入ると木々のおかげで雨足が弱くなったように感じます。道がぬかるんでいます。ベチャ道です。水たまりが多いから靴が浸水するのも時間の問題でしょう。

 様子を見ながら登ります。引き返しても他にすることがありません。台風でもないしトレーニングのつもりで進みました。1時間半で惣岳山頂です。標高は756m。傘をさして写真を撮ります。雨の模様が写ります。

 神社の軒下で少し考えます。頑張って登ろうと思います。エスケープルートも確認しておきました。キリの景色の中を1.5km歩いて岩葦石山山頂に着きました。展望ありません。次に向かいましょう。

 12時前に黒山山頂に着きました。標高は842m。あと1.2kmで棒ノ折山です。少し雨が弱くなったようです。権次入峠を通過します。最後の急な階段を上ります。上が明るいです。もうすぐ。

 12時半前に棒ノ折山山頂に登頂。標高969m。明るいから晴れていたら景色が見れると思うのですが、今は白いキリに包まれています。東京と埼玉の県境です。屋根がある休憩所に入りましょう。静かです。

 濡れたところをふいたりしてゆっくりします。お昼を食べました。今日はキリがなくなることはないでしょう。13時になりました。下山開始します。車道へのルートは距離が短いから少し気軽です。

 カメラを濡らさないためにあまり撮影していません。ビニール袋に入れて防水しています。転ばないように注意して下ります。ワサビ畑がありました。そして約30分で車道に下りました。

 雨はほぼ止みました。車道の舗装路歩きは靴が濡れなくてよいです。もう濡れ切っていましたが、、、早くシャツなど着替えたいものです。急ぎ足で歩いて下りました。川井駅からは電車で帰ります。またいつか晴れた日に足跡をたどってみたいです。

Copyright © 2012 関東の登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 埃取タオル



















































出会い系あるある