【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

  熊倉山を経由して登った飛龍山(大洞山)








   −関東の登山記録−
関東100山記録 関東他登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録
 

  埼玉山梨県境の飛龍山の案内地図

 ■飛龍山の地図
 飛龍山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   近辺にある山:雲取山 笠取山 白石山 大菩薩嶺

 飛竜山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
飛龍山

飛龍山

 

  飛龍山(大洞山)の登山記録   H17.8.21

 ■長い山行を覚悟で行きました。昼の長い夏場です。
   飛龍山のエクセル山行記録は、 飛龍山の記録(.xls)をご覧ください。

 ∂01.【6:58】丹波農道上(標高750m)で朝食をしてスタート。 o(^▽^)o
丹波農道上

 ∂02.【7:07】竿裏方面に向かいます。山道に入って植林の中を歩いています。
道

 ∂03.【7:19】植林帯です。足慣らし中。風が気持ちよいです。 ヾ( `▽)ゞ
道

 ∂04.【7:45】急な山道が続いたあと、歩きやすい道になりました。γ(▽´ )ツ
道

 ∂05.【8:06】日が差し込む道があります。丹波村の方向は雲が多い。 (・∀・)
道

 ∂06.【8:21】サオラ(サオウラ)峠はまだです。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 ∂07.【8:34-45】サオラ峠に到着。休憩。祠に参拝。  (・A・)
サオラ峠

 ∂08.富士山が見えるところだそうですが雲が邪魔しました。 (´・_・`)
サオラ峠

 ∂09.マルハダケブキやホトトギスを見つけました。尾根を歩きます。
道

 ∂10.【9:16-27】熊倉山山頂。ペースがわかってきて安心。長い山行を覚悟だから。
熊倉山山頂

 ∂11.【9:39】ミサカ尾根を歩いています。飛龍山の方に雲があります。
道

 ∂12.【9:48】また日が照りました。やがて前飛龍が見えてきます。 γ(▽´ )ツ
道

 ∂13.【10:02】雲取山(左)の方を眺めます。  ヾ( `▽)ゞ
雲取山

 ∂14.【10:23】どんどん登って分岐です。前飛龍はどこ?  w(゚o゚)w
分岐

 ∂15.分岐近くを散策しながら歩きます。 (・∀・)
道

 ∂16.【10:27】ここが前飛龍と思う。1954m。地震感じました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
前飛龍

 ∂17.休憩後に下っています。シャクナゲが多いです。おなかすきました。
シャクナゲ

 ∂18.【10:50】クマザサの茂る明るい道です。前飛龍を振り返りました。
前飛龍

 ∂19.【11:00】大きな岩を登ります。2分して分岐です。  γ(▽´ )ツ
道

 ∂20.【11:07】飛龍権現の祠です。 (・A・) 汗かいてるから着替えます。
祠

 ∂21.【11:13】たまに人とすれ違います。小雨でキリがでました。 (・∀・)
道

 ∂22.【11:21】山上です。コケがついてる木。ピークはどこかなぁ。 ヾ( `▽)ゞ
道

 ∂23.【11:23】飛龍山山頂。2077m。 \(^▽^)/  昼食。
飛龍山

 ∂24.【11:47】展望よくないから三条の湯に向けて下山します。 ヽ(゚◇゚ )ノ
飛龍山

 ∂25.【11:54】北天ノタルに向かうゆるやかな道です。 γ(▽´ )ツ
道

 ∂26.【11:56】雲取山が見えました。狭い道です。 o(^▽^)o
道

 ∂27.オトギリやコウヤボウキの花を見て歩きます。  \(^_^)/
道

 ∂28.【12:13】分岐です。雲取山に行きたくなります。下山します。γ(▽´ )ツ
道

 ∂29.雲取山の眺めです。  ヾ( `▽)ゞ
雲取山

 ∂30.ササがある山道です。右に落ちそう。 (・∀・)
道

 ∂31.【12:42】水場がありました。 o(^▽^)o
水場

 ∂32.飛龍山の方を眺めます。 \(^_^)/
飛龍山

 ∂33.【13:11】三条の湯に向かってくねくね下っていきます。 (・∀・)
道

 ∂34.三条の湯の屋根が見えました。 γ(▽´ )ツ
道

 ∂35.【13:19】ザオラ峠の方を眺めます。そして下ります。 (・∀・)
ザオラ峠の方

 ∂36.【13:23】三条の湯に到着。外で休憩して地図を確認。  o(^▽^)o
三条の湯

 ∂37.【13:37】休憩後にザオラ峠をめざします。 ヾ( `▽)ゞ
道

 ∂38.【13:53】木道を歩くとこがあります。軽いアップダウン。 (・∀・)
道

 ∂39.標高差300mをゆっくりあがる道。たまに道案内があります。γ(▽´ )ツ
道

 ∂40.コケが多い道を歩きます。 o(^▽^)o
道

 ∂41.けっこう長い道です。見えてきました。  \(^_^)/
道

 ∂42.【15:12】サオラ峠に戻りました。やはり富士山隠れてます。  (・A・)
サオラ峠

 ∂43.キノコを見つけながら下山しています。  γ(▽´ )ツ
道

 ∂44.登山時と同じ道なので覚えています。 o(^▽^)o
道

 ∂45.【16:13】丹波の町が見えました。あともう少し。 \(^_^)/
丹波

 ∂46.【16:19】畑前の車道に下山。お疲れ様ー。このあと温泉によって帰ります。
車道

 ∂47.のめこい湯に入りました。 \(^_^)/
のめこい湯



 

  飛龍山の登山日記   H17.8.21 

 すでに有名な雲取山には登っていました。友人といっしょでし たが長い山行で苦労しています。関東100山を登るなら、とな りの飛龍山も早くかたずけておきたいところです。いろいろ計画 していましたが、いよいよ実行する時がきました。頑張りますよ。

 八王子を朝早く出ました。6時半に丹波の農道で朝食を食べま す。標高はすでに750mあります。畑仕事の方がおられたので、 車を止める場所を聞いてスタートしました。7時になります。

 竿裏方面に向かいます。最初の入口にちょっと悩みましたが、 正しい道だと案内板がたくさんあります。植林の中の道です。ま だ眠いです。急な道もありますが、足慣らしのためペースはゆっ くり。

 だんだん日が当たってきます。雲が多い天気のようです。青空 を期待して登ります。8時半前にはサオラ(サオウラ)峠に着きました。

 祠や標識や丸太イスがあります。富士山が見えるところだそう ですが雲で見えなかったのが残念です。下山時にもこの峠を経由 します。

 マルハダケブキやホトトギスを見て尾根を歩きます。峠から 30分で熊倉山山頂に着きました。 ペースがつかました。長い山行になるから体力温存したいです。

 いつも早い友人のペースが遅いのが気になります。食事したあ とは遅くなるそうです。よいことを知りました。ペースをゆっく りしてもらうためには直前に食べてもらえばいいのです。

 先に進みます。樹間から前飛龍を探しています。雲取山が見え ました。曇っています。どんどん登っていくと分岐です。シャク ナゲの木が多くなりました。花の季節はきれいでしょうね。

 10時半に1954mの前飛龍のピークです。表札がないから 断定しにくいのですが、これでやっと飛龍山に近づいたと感じま す。

 クマザサの茂る明るい道です。大きな岩を上りました。雲取山 や三条の湯への近道があります。さらに登っていくと飛龍権現の 祠がありました。拝んで通過します。

 たまに人とすれ違うのですが、ここまでに7人に会いました。 小雨がぱらつきます。そしてキリの中に入っていきました。雨は たいしたことなく、そのうちやみます。

 コケが多く生えているから、山上は雨やキリが多いのでしょう。 11時半前に2077mの飛龍山山頂に着きました。これで目的 達成です。

 お昼にします。まわりが木で囲まれています。展望はよくなか ったです。そんなにゆっくりすることなく下山しました。ササが 多い道を歩きます。オトギリやコウヤボウキなどの花が咲いてい るところもあります。

 12時過ぎました。分岐です。雲取山に行きたくなりますが、 三条の湯に下山します。雲取山が見えるところがありました。 日がよく当たる草原にシモツケなどが咲いています。

 細い道を下るのですが、右に寄りすぎると道を踏み外して、サ サの下に足が落ちていきます。体がななめになるから歩きにくい です。くねくね下っていくと三条の湯の屋根が見えました。

 休憩してから再出発します。雲取山下山の時は車道を歩きまし たが、今回はサオラ峠に戻るために山道を登ります。もう一度頑 張ります。

 標高差は300mあります。けっこう長い道です。少しでも早 く戻りたいけど体力が消耗しています。ペースが落ちていますが、 前進していきました。

 15時過ぎました。サオラ峠に戻りました。これであとは下り だけです。朝と同じ道なので覚えています。キノコを探しながら 下りました。

 その後、丹波の町が見えてきて車道に下山しました。足が疲れ ています。帰る時に「のめこい湯」に寄って汗を流しました。

ページ上に戻る↑  
Copyright © 2012 関東の登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 埃取タオル



















































出会い系あるある