【広告】  埃をまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは ⇒ 埃取タオルで清潔掃除
  【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

    鳩ノ巣駅から登った川乗山と百尋の滝







       −関東の登山記録−
関東100山記録 関東他登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録
 

  東京の川乗山の案内地図

 ■川乗山の地図
  鳩ノ巣駅や奥多摩駅は下の方です。
 川乗山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。

 川乗山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
川乗山

川乗山

 

  川乗山の登山記録   H16.8.1

 ■奥多摩の山に登り始めた頃です。また写真撮りに行きたいです。
   川乗山のエクセル山行記録は、 川乗山の記録(.xls)をご覧ください。

 苔01.【8:20-30】鳩ノ巣駅で準備して出発。  o(^▽^)o
鳩ノ巣駅

 苔02.黄色のコスモスが咲いていました。山に入っていきます。 γ(▽´ )ツ
鳩ノ巣

 苔03.【9:10】分岐。この右側に祠《C!》がありました。 (・A・)
道

 苔04.木の道が気持ちいいですね。沢がありました。 ヾ( `▽)ゞ
道

 苔05.先日の台風の水が残っています。舟井戸・川乗山に向かいます。
道

 苔06.自然に同化して山道を歩いていきます。 o(^▽^)o
道

 苔07.【11:04】小屋の前です。マルハダケブキが咲いています。 γ(▽´ )ツ
道

 苔08.もう少し登ります。 (・∀・)
道

 苔09.【11:10】川乗山山頂。1364m。 \(^▽^)/
川乗山山頂

 苔10.景色を眺めながらパンを食べました。 ヾ( `▽)ゞ
景色

 苔11.山が奥まで続いています。雲取山の方です。 \(^_^)/
景色

 苔12.夏の空です。日が当たると暑い景色です。 γ(▽´ )ツ
景色

 苔13.バッタがいました。 ヽ(゚◇゚ )ノ
バッタ

 苔14.【11:45】下山開始します。  (・∀・)
川乗山

 苔15.【11:48】小屋の分岐から百尋の滝へと下る道です。 ヾ( `▽)ゞ
道

 苔16.山頂から近いのにけっこう水が流れています。 γ(▽´ )ツ
道

 苔17.川を見ながら下りました。木洩れ日の道です。 o(^▽^)o
道

 苔18.もうすぐ百尋の滝です。  ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 苔19.【12:49】百尋の滝です。 \(^_^)/  《C!大》
百尋の滝

 苔20.水の勢いがすごいですよ。  w(゚o゚)w
百尋の滝

      苔21.百尋の滝に近づいて眺めます。   o(^▽^)o
百尋の滝

 苔22.川沿いに下ります。水場がありました。 (・∀・)
川沿い

 苔23.橋を渡ります。 γ(▽´ )ツ
道

 苔24.【13:18】山道を気持ちよく歩いています。 ヾ( `▽)ゞ
道

 苔25.ここにも滝がありました。  \(^_^)/
滝

 苔26.【13:36】車道にでます。 γ(▽´ )ツ
道

 苔27.車道を歩きます。落石に注意しましょう。 ヽ(゚◇゚ )ノ
道

 苔28.【14:13】バス停到着。次の便は15:01。歩きましょう。 (・∀・)
バス停

 苔29.岩登りや魚釣りなど楽しそうです。  o(^▽^)o
奥多摩

 苔30.ニジマスの釣り堀を過ぎて橋を渡りました。  ヾ( `▽)ゞ
奥多摩

 苔31.セメント工場が見えます。駅まで頑張りましょう。 ヽ(゚◇゚ )ノ
奥多摩

 苔32.【15:00】奥多摩駅到着。バス待ちするより早かったです。 \(^_^)/
奥多摩駅



 

      川乗山の登山日記   H16.8.1 

 横浜に引っ越して半年になります。関東の山に少しずつ登り始 めています。ガイドを見て奥多摩の川乗山(川苔山)に登ることに しました。奥多摩線の電車に乗るのも楽しみです。

 夏の暑い時期です。昼間が長いです。鳩ノ巣駅に下りたら無人 駅だったのでびっくり。東京にもあるんですね。駅前で少し支度 をします。晴れてるから暑くなりそうです。8時半にスタートしました。

 植林されています。展望がありませんが木陰が助かります。 先日の台風で沢の水が多いようです。道にあふれているところも ありました。ひたすら登ります。標識がたくさんあって助かりました。

 黄色いマルハダケブキが咲いています。小屋がありますがここ から山頂まですぐです。緑の道を歩いて11時すぎに山頂に着き ました。標高は1364mです。

 パンを食べながら景色をみています。このころはどれがどの山 かわからないところばかりです。9月に雲取山に行こうとしてい たので探してみました。なだらかな山のようです。今後、蕎麦粒 山、鷹ノ巣山など登ろうと決意しました。

 周遊する形で下山します。百尋の滝に向かいます。すぐに沢ま で下ったのですが、まだ山頂に近いのに水が多かったから驚きま した。木洩れ日の道を歩きます。汗をよくかく日です。

 13時前に百尋の滝に着きました。ガイドに載っていた滝を眺 めておきたいです。霧となった水がかかってきます。清涼感たっ ぷりでした。ビデオがあれば録音できておもしろそうです。

 白い水しぶきの川をたどって下ります。小さな滝がいくつかあ ります。40分して車が見えてきました。車道にでました。この あとは車道歩きになります。

 また30分歩いたらバス路線にでました。山登りの人のために バス停があるようです。次の便は50分後です。奥多摩駅まで 3kmくらい。前にいた人と同じように歩くことにしました。

 岩登りや魚釣りをしている人がいます。キャンプ場があります。 東京にも都会ではないところがあると感じました。やがて町が見 えてきます。

 初めての奥多摩の町をキョロキョロ見ながら歩きます。そして 15時にレトロな感じの奥多摩駅に着きました。ここからなら電 車の席がすいているのがいいですね。

 この時はオリンパスのデジカメを使用しています。 今度は高性能になったカメラを持って写真を撮りに行きたいです。

Copyright © 2012 関東の登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 埃取タオル



















































出会い系あるある