【広告】  埃をまきちらさずにお掃除しませんか?  詳しくは ⇒ 埃取タオルで清潔掃除
  【広告】 体育館用ドレッシングオイルで床のお手入れ 詳しくは⇒ ダンケルD
  【広告】 このHPは自作したものです。  詳しくは⇒ 自作ホームページ案内

  キリの中を登った蕎麦粒山





 −関東の登山記録−  .
関東100山記録 関東他登山記録 日本百名山登山記録 山道歩の登山記録
 

  蕎麦粒山の案内地図

 ■蕎麦粒山の地図
 蕎麦粒山【グーグル地図】 地図は必要に応じて移動したり縮尺を変えて見てください。
   近辺にある山:川乗山 鷹ノ巣山 雲取山。

 蕎麦粒山【電子国土基本図参照】・・・クリックで拡大           地図閲覧サービス(ウォッちず)
蕎麦粒山

蕎麦粒山

 

  蕎麦粒山の登山記録   H16.8.27

 ■雨だけどいろんな山に登りたくて出かけました。
   蕎麦粒山のエクセル山行記録は、 蕎麦粒山の記録(.xls)をご覧ください。

 蕎01.【8:33】奥多摩駅前。台風の影響で雨。修行になりそう。 (´・_・`)
奥多摩駅前

 蕎02.【8:56】東日原到着。でもやっぱり雨。(当たり前) (´・_・`)
東日原

 蕎03.キリの中に稲村岩が見えます。天気悪いですね。 (´・_・`)
稲村岩

 蕎04.【9:20】わかりにくかったけど登山口です。  ヾ( `▽)ゞ
登山口

 蕎05.雨でもアサガオがこんなにたくさん咲いていました。 o(^▽^)o
アサガオ

 蕎06.【9:44】急な道が続いています。樹林帯です。 (・∀・)
道

 蕎07.【10:22】石に苔がはえています。幻想的なキリの中を歩きます。
道

 蕎08.【10:43】霧の中です。この尾根道がきれいでした。  γ(▽´ )ツ
道

 蕎09.【11:15】一杯水の小屋。静かでした。  ヽ(゚◇゚ )ノ
一杯水の小屋

 蕎10.山の上に大木が多かったです。紅葉がありました。 ヾ( `▽)ゞ
道

 蕎11.【11:58】仙元峠です。祠があります。  (・A・)
仙元峠

 蕎12.あともう少しです。頑張りましょう。 (・∀・)
道

 蕎13.【12:13】蕎麦粒山山頂。1473m。   \(^▽^)/
蕎麦粒山

 蕎14.景色見れません。山頂の岩です。  o(^▽^)o
蕎麦粒山

 蕎15.川乗へと続く道。いつか縦走してみたい。 ヾ( `▽)ゞ
蕎麦粒山

 蕎16.【12:15】蕎麦粒山頂から同じ道で下山開始。  (・∀・)
蕎麦粒山

 蕎17. 一杯水を見て歩いています。もうすぐ小屋です。  ヽ(゚◇゚ )ノ
一杯水

 蕎18.【13:10-20】一杯水小屋でちょっと休憩させてもらいました。
一杯水小屋

 蕎19.キノコを見て歩きます。白いのがたくさんはえていました。 (・∀・)
キノコ

 蕎20.赤いキノコがあります。あっ開いた! 《C!》   w(゚o゚)w
キノコ

 蕎21.ホトトギスが咲いています。  o(^▽^)o
ホトトギス

 蕎22.【14:23】もうすぐ下山です。  (・A・)
道

 蕎23.東日原の町です。 \(^_^)/
東日原

 蕎24.【14:30】下山しました。朝顔がまだ開いていました。 ヾ( `▽)ゞ
朝顔

 蕎25.【14:37】水場です。このあと14:55発のバスで帰りました。 o(^▽^)o
東日原



 

       蕎麦粒山の登山日記   H16.8.27 

 8月1日に川乗山に登ったばかりだから奥多摩へのアクセスが わかっています。続けて近くの山に登ります。ガイドに載ってい る蕎麦粒山を選びました。雨が降っていますがでかけます。

 奥多摩駅で電車を降りたらやはり雨です。8月だから寒いとい うことはありません。山に登るとカッパの中がむれそうです。バ スで移動します。9時に東日原からスタートします。すでに標高 が高い町です。

 電柱に書いてある文字を見て曲がります。仙元峠を経由します。 アサガオがたくさん咲いています。みんな雨で濡れていました。 樹林帯に入りましたが道が急です。

 白っぽいキリの景色です。視界悪くて景色が楽しめません。 2時間歩いて一杯水の小屋に着きました。雨の日だけあって誰も いないようです。通過します。山上には大きな木が多いです。 切られずに残っているようです。自然を感じます。

 12時前に仙元峠に着きました。視界が悪いままです。祠があ ります。あともう少しなので頑張ります。キリだけど明るいキリ と言った感じです。15分して蕎麦粒山山頂に着きました。

 1473mです。高さを感じたいけど展望ありません。天気悪 いと近くしか見えません。山頂の岩を見ました。川乗への道を確 認。いつか歩いて川乗山山頂までいってみたいルートです。マル ハダケブキの黄色い花びらが残っていました。

 2分で下山を開始しました。少しでも濡れない内に下りるべき だし、バスに間に合わせる必要もあります。あの一杯水の小屋で 10分ほど休憩させてもらいました。屋根があると食事が楽です。

 また頑張って下ります。急な坂道は転ばないようにしなくては いけませんね。白いキノコや赤いキノコを見つけました。ホトト ギスが咲いています。東日原の家が見えてきたらもうすぐです。

 けっこう早く下りたからバスの時間は余裕です。雨で気温が低 いせいか、アサガオが開いたままでした。水場に立ち寄ります。 鷹ノ巣山でハチに刺された時に、ここで洗い流した思い出があり ます。今回は余裕を持ってバスに乗ります。山では事故がないの が一番です。

Copyright © 2012 関東の登山記録 All rights reserved.
by ホームページ制作 by 埃取タオル



















































出会い系あるある